読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaffitími ☕☕

国際結婚3年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

男だって泣くさ。

プレママ・デイズ。

昨日の夜から、そわそわ、そわそわしてた私。

こちらの時間の金曜の夜(昨晩)か、土曜の午前のどちらかに、お母さんとビデオチャットをする約束をしてました、スティーヴンを含めて3人で。

昨日の夜にビデオチャットをしなかったので、今日の午前には必ずビデオチャットする、ということになったわけで。
何だかそわそわして、なかなか寝られず…。
その「そわそわ」の理由は、…お父さんとお母さんからの、ある提案。

 

先月の下旬、日本の私の口座から、スティーヴンの口座へ国際送金をしてもらった時のこと。
お母さんから、ビックリするような提案がありました。
それは、…お父さんとお母さんから、私への、「嫁入り道具」代わりのもの、ということらしいのですが。
大きく見れば、それは、私だけではなく、スティーヴンと私、2人にとって、とても嬉しい贈り物。
ただ、嬉しい気持ちはもちろんあったけれど、簡単に「ありがとう〜!」とは言えないものでした。

 

スティーヴンと私は、国際結婚をしたわけですが、日本で入籍の手続きをしました。
スティーヴンの来日期間は1ヶ月弱で、その間、手続きのためにあちこちへ行かなければいけなかったり、また、身内の手術もあったりして、楽しかったけれど、時間的にあまり余裕のない1ヶ月弱でした。
日本の伝統に則って、例えば、結納だとかね、そういうものも含めて、スティーヴンも私もちゃんとすることができませんでした。
結婚式だって挙げたかったけれど、その余裕はありませんでした。
なので、きっと、私の両親を含め、身内みんなが思い描いていた「スティーヴンと私の結婚」は、実現しなかったんだと思います。
スティーヴンと私、2人にとっては、時間に追われるばかりで、手続きができたこと、これだけで大きな達成感があったので…。
私達の結婚式を楽しみにしてくれていたであろう家族みんなに対しては、申し訳ない気持ちも正直あるのです。

 

更には、事情により、入籍してから2年半ほど、スティーヴンと私は離れて暮らさなければならず。
私はそのまま実家にいました。
その間、実家においてくれただけで感謝しているし、お父さんとは、色々な相談にのってもらったり、色々な場所へ連れて行ってもらったり、お母さんとは、もちろん色々な相談にのってもらったり、一緒に買い物をしたり料理をしたりしてくれたこと、これだけで、私にとっては「嫁入り道具」以上の価値があるものだと思ってました。
まず、「嫁入り道具」を用意してもらうという考えさえ、私の中にはありませんでした。
2人と一緒に、楽しく平和に毎日を過ごせたこと、これが私にとっては、物よりも大きな価値のある大切な宝物です。

 

そういうような事を、お母さんにもお父さんにも説明したんだけれど、2人の意思は固く…。
2人の提案を、受け入れることにしました。

 

問題はスティーヴンです。

 

スティーヴンが素直に提案を受け入れるかどうか…。

 

今日の午前中、私はいつもより少し早めにスタンバイ
スティーヴンは、「日本の両親が恋しいんだろうなぁ😊」くらいに思ってたそうです。
ビデオチャットが始まって、すぐにお父さんが登場。
スティーヴンを呼んで、「お父さん 対 スティーヴンと私」で話をしました。

 

大事な話なので、お父さんからスティーヴンへ、例の提案の件が話されました。
私が通訳をしていたんだけれど、スティーヴンは予想通り、とっても驚いてました。
平静を装ってましたが…。
そしてその提案をきいて、スティーヴンの目には、うっすらと涙が。
お父さんは、私達にその提案を話しているあいだ、とにかく優しい、優しい笑顔でいてくれて。
私達が提案を受け入れたあと、スティーヴンと私、そしてお父さんとお母さんの4人で、たくさん笑いながら、とても幸せな時間を過ごしました。

 

ビデオチャットが終わって、
「楽しかったね〜😊😊
と2人で言い合ったあと、2人そろって無言になってしまいました。
お父さんとお母さんの提案を、じっくりと考え込んでしまいました。
スティーヴンにとっては、私以上に、素直に受け入れるのは難しいものだったはず。
ものすごく嬉しい提案だけれど…男として、大人として、受け入れることが難しいものだったと思います。
その後は、2人で色々なことを話しました。
スティーヴンの目が、まだ少しウルウルしてました。

 

改めて、家族の大切さ、愛情の深さを学んだ一日になったと思います。

 

そして今夜は、しゃぶしゃぶを楽しみました😋
初めてのゴマダレ、おいしくできました!
どうやらスティーヴンは、ゴマダレよりもポン酢のが好きなようです。
ただ、ラーメンのスープにゴマダレを混ぜて、少しこってりしたラーメンを作ってあげたら、ものすごく気に入ってくれてました😀
タヒニ、高かったけど、お金の無駄遣いにならないでよかった、よかった!💖

 

f:id:kaffitimi:20161116001751j:plain

ゴマダレの材料。タヒニは、なんとなくピーナッツバターみたいな感じもする。シンプルな材料だけどおいしくできた。

1年が経ちました。

プレママ・デイズ。

趣味用のブログ、イ・ピッコリ・カンピ( ✿ i piccoli campi ✿ )とは別に、こちらの日記用ブログ、カフィティミを始めて、今日で一年が経ちました!🌸

あっという間…😳
こちらのブログは、毎日写真付きで投稿をしていくと決めていたんだけど…なかなか時間が取れない時もあり、かなり更新してない時期が長いときもありました…今年前半特に💧
何回も挫折しちゃってるけど、挫折のたびにもう一度気持ちを立ち上げて、毎日の更新を頑張りたいなって思います🍀

 

さて今日は、スティーヴンが5日間の休暇をもらった、その2日目です😊
職場からの電話もかかってこないし、外は空気が冷たいけれどポカポカしたいいお天気だし、ちょっとお出かけをしました
実はスティーヴン、小さな頃から絵を描くのがとっても好きで、学校のコンクールで何度も賞を取ったり、一時期、専門学校に通ってたこともあったようです。
最近は、油絵のボブ・ロスさんの動画を毎日のように見ていたスティーヴン。
今日、絵を描くのに必要な道具を一緒に買いに行きました。

 

ところで、ボブ・ロスさん。
懐かしいなぁ〜😊
私がまだ小学生の低学年頃だったかなぁ、学校から帰ると、衛星放送でやってたボブ・ロスさんの番組を、母がよく観てました。
兄も私も、美術にはとっても興味があったし、ボブ・ロスさんの番組はとても楽しんで観てた覚えがあります。
…どうりで周りの同級生たちと話が合わなかったわけですね…💦
音楽に関しても同じようなことが言えます、そういえば😶
周りの子たちが、アイドルグループとかに夢中になっていたような時に、私は、母がよく家で聴いていたジプシー・キングスや、クリスチーナ・イ・ウーゴ、ビリー・ジョエルなんかが好きで、よく友達に、
「え??日本人の歌手とかは??」
と訊かれたんだけど、日本人の歌手ってなると、父がよく聴いてた矢沢永吉くらいしかわからず💦
あとはもっぱら、クラシック音楽だったなぁ。
まさかスティーヴンもボブ・ロスさんの番組を、同時期に観ていたなんて不思議〜😶
久しぶりに観たボブ・ロスさんの番組は、普通に英語版で観たんだけど、そういえば日本にいたときは吹替版で観ていて、吹替版のほうが、ボブ・ロスさんがすごく明るい印象があったなぁ。
どちらにしても、彼の描く絵は、とってもとっても素敵。
毎回感動してしまいます。
そしてボブ・ロスさんが毎回やる、ブラシの水切り!
スティーヴンも私も、小さいときにボブさんの番組を観ていた時に、このブラシの水切りがツボだったことがわかりました(笑)。

 

繁華街に行くと、美術道具の専門店があるんだけど、そこだと本当にどれも値段が高い。
ゼロが1個多いくらい…😥
本当は、そういう専門店で道具とかを揃えたいところだけど、今回はもう少し安い値段で道具が揃えられるお店へ行きました。
色々と吟味して、必要なものを買ったスティーヴン。
明日、ベランダで絵を描くんだそうです😊

 

そして夜ご飯の買い物に出かけたんだけど、ずーっと前から、
「前に東京で食べた、紙みたいに薄いビーフの料理が食べたい!」
って言ってたスティーヴン。
それは、しゃぶしゃぶのことですね👀
残念ながら、…日本のように繊細に薄く切られたビーフは、見当たらないのです…。
どれも豪快なお肉ばかりで、ほんと。
ただ、今日は比較的薄く切られた牛肉が売っていたので、スティーヴンは早速購入。
問題は、タレです。

 

東京でしゃぶしゃぶを食べたとき、ポン酢と、ゴマダレの二種類でしゃぶしゃぶをいただきました。
ポン酢は近所の食料品店でも売っていたから良かったけど、ゴマダレがね、…売ってないんだよね😔
私はゴマダレ好きなので、ぜひゴマダレで食べたい😣
ので、ゴマダレは手作りすることに決めました。
が。
…練りごまが無い😱
🍂
そこで、ふと思い出したのが、イギリスの料理研究家、ナイジェラ・ローソンさんの番組で、ナイジェラさんが言ってた事。
「タヒニ。これは、ゴマのペーストで…」
と、タヒニを紹介していたことがありました。
タヒニなら売ってるはず!と思い、健康商品コーナーに行くと、売ってました、タヒニ!💕
ゴマダレのレシピって、色々とあるんだけど、とりあえずタヒニと、砂糖、醤油、ごま油、あとはだし汁があればできるはず。
明日の夜は、しゃぶしゃぶだ〜!💕

 

f:id:kaffitimi:20161112125932j:plain

予定日まで、あと2ヶ月を切った。最近、お腹の赤ちゃんが今まで以上によく動く。元気な証拠。

牛ひき肉の悪夢、再び…。

プレママ・デイズ。

妊娠してすぐくらいの時に、牛ひき肉と牛乳がダメになりました…😣

 

それまでは全然平気だったのに、臭いがもう…。
臭いがだめなので、ひき肉に関しては、調理することも無くなりました。
牛乳も飲まなくなって、代わりにヨーグルトを食べるようになりました。

だけど悪阻が治まってきて、それから暫く経ったとき、牛ひき肉も牛乳も、どちらも問題なく摂取できるようになってました😃
別に毎日摂取しなくちゃいけないってものでもないんだけど、それまでダメだったものが大丈夫になったのは、ちょっと嬉しかったです🍀

 

久しぶりに牛ひき肉を購入して、今日の夜ごはんのために調理を…していたのですが…💧
調理している過程で、牛ひき肉から出て来る大量の脂、脂、脂…💧
「…そこまで出る?💧」
ってツッコミたくなるほどの量の脂が出ました…。
それを見ていて、牛ひき肉の臭いに関しては問題無かったんだけど、ビジュアル的にダメになりそうでした💧

 

無事に調理をし終わって、食べてる分には全く問題は無かったけどねえ😶💧…。
しっかり脂を切ってから、調理済みの牛ひき肉を他の料理に使ったので、脂っこく無くおいしく食べれました。
…でもしばらくは、牛ひき肉の調理は避けたいかもしれない…💧
日本で牛ひき肉を使ったとき、あんなに大量の脂は出なかったけどなぁ💧

 

f:id:kaffitimi:20161106132651j:plain

これが例の脂…。全部、牛ひき肉から出た脂で、事前にサラダオイルとかは何も使ってない。すごい量の脂でしょ…。

今週末は、お引っ越し。

プレママ・デイズ。

今住んでいるアパートのお部屋。

契約の期限がもう少しで切れます。
先月だったかな、スティーヴンが新しいアパートを探していました。
雑談をしにテナントさんのところへ遊びに行ったときに、「新しいアパート探してるんだよね〜」って話をしたら、テナントさんの方から、空き部屋を紹介してもらいました。
ここのアパートのエリアは、周りが自然で囲まれているし、治安もいいし、比較的住民の方々もいい人のよう。
それにアパートのエリア内が綺麗だし、もしもこのエリア内のアパートの棟に空き部屋があるのなら、ぜひぜひそちらに引っ越したい!と思いました。
新しいお部屋は、今住んでいるところから徒歩で5分くらいのところ。
ベッドルームとバスルームが1つずつで、部屋数は少なくなるけれど、二人暮らしだもんね、十分広いし、赤ちゃんが生まれたあとにしばらく住んでいても、広さはまったく問題無し。

 

新しいお部屋を見させてもらったんだけど、キッチンは今住んでるところのキッチンよりも小さめで、そのほうが使いやすそう😊
それに、一番のお気に入りは、ベランダ✨
今住んでるところのベランダよりもちょっと広くて、しかも目の前は大きな木と、きれいな池。
2階なので、眺めもイイ✨

 

今週は荷造りやお掃除をしなくちゃいけないので、少し忙しくなりそう。
荷造り、といっても、私の荷物は少なめで、部屋とクローゼットを埋め尽くしているのは、スティーヴンの荷物のみ😅
米軍のものばかりで、書類なんかもあったりして、私が色々分類して片付けたりできるものじゃないので…荷造りは自分のものしかできないなぁ…。
あとは、キッチンにあるものの片付けくらいかなぁ。
あ、あとは掃除か、掃除しなくちゃ😶

 

直前になって忙しくなるのは嫌なので、今日は寝室に置いてある自分の荷物をまとめました。
ほぼ本ばっかり😶
明日はもう1つのベッドルームの片付けをしようかなぁ。

 

f:id:kaffitimi:20161106131444j:plain

昨日ビーチで撮った写真。考えてみたら、今って10月、しかも下旬。真夏のような雰囲気…。

今日もまた、おさかな釣り。

プレママ・デイズ。

昨日に引き続き、今日もいいお天気
今日は昨日と比べて、ちょっとポカポカしてたので、私が起きた時には、すでにスティーヴンはお出かけモードとなってました💨
行く先は昨日と同じ場所😶
…いいけど…また歩くのかぁ…💧
しかもお手洗いが無い場所…💦

 

けれど、いつもいつも、お仕事一生懸命なスティーヴン。
週末はスティーヴンの好きな事をしてもらいたい🍀
ので、2日連続でビーチへ💨

 

昨日よりも少しだけ、遅めのスタートだったので、ビーチにいる時間は1時間とか、2時間弱とか?だったけど、今日も人がいっぱい👀
水着を着て、砂浜に寝ころがって日焼けを楽しんでる人がいたり👙
ビーチバレーをして遊んでる人がいたり🙌
お散歩を楽しんでいる人もいたり🚶
のんびり読書を楽しんでるのは、見たところ私一人だけのようだったけど📖
いろんな人が、それぞれ、好きなように過ごしてました😊
釣りをしている人が一番多かった🐟
でもね、…ここ、釣りのスポットではないので、もともと💧
ほぼ釣れないんだけどさ…💧
それでも、スティーヴンを含め、釣りをしているみなさん、楽しんで時間を過ごしているようでした。

 

私の地元は、海に面している街で、小さな頃は、お父さんとお兄ちゃんと3人で、徒歩で浜へ向かい、泳いだり遊んだりしたものです。
ですが、まったく泳げない私💧
さらに、中学の時の水泳の時間で、喘息の発作により意識不明になったことから、水が怖くなってしまいました。
なので、ビーチへ行ったとしても、「海」を楽しむとか、「波」を楽しむなんて論外。
というか、裸足になって遊ぶ行為自体、私にとっては選択外なのです。

 

ですが、自然児というか野生児というか、家ではほぼ裸族なスティーヴン。
外出時は裸足、なんてことも少なくない👣
ビーチへ行けば、気づけばもちろん裸足です👣
今日は、そんなスティーヴンに何度も促されて、…勇気を出して裸足になり、ちょっと足先を波に、…😬

 

と思ったら、

 

そのままスティーヴンに担がれ、完全に膝下が波に浸かる位置へ連れていかれました😱💦💦

 

履いていたジーンズ、膝上までビッショビショ💦
逃げようにも、後ろにスティーヴンが立っていて、私をがっつり羽交い締めにしているので、逃げれず💦
波怖い😱💦
というかそれよりも、ジーンズがびしょ濡れってイヤ💦
しかも、足を拭くタオルとか、持ってきてないし💦

 

「楽しかったね〜 がんばったね〜😊

と、スティーヴンはなぜか満足気💧


終始😱ヒィィ ってなってた私、…妻がそんな状態なのが、なぜ楽しいのか、この自然児は…💧
それまで楽しんでた読書の時間は奪われ…、その後は読書する気力なんてありませんでした💧

 

でも、ちょっと気持ちに変化も。
確かに私、泳げないし、水も怖いんだけど…、せっかくビーチに来たんだから、海を楽しまなきゃ損、なのかなぁ。
…なんて思いました。
野生児と一緒にいると、ほぼ真逆の生活をしていた私にとっては、驚きもいっぱいです、未だに。
ほぼアウトドア派の夫を持つと、完全インドア派の私は、それまで知らなかったことを学べたりもします。
子供が産まれたら、色々なことを楽しんで体験してもらいたいなぁとも思うし、そういうもののほとんどは、家の中では体験できないことばかり。
初めて体験することの楽しさ、っていうものを、何だか少しだけ今日は学べたかも。
…足先だけで、ホントは十分だったけどね💧
まさか膝下まで、ジーンズびしょ濡れになるとこまで、海に浸からされるとは思わなかった💧

 

今度ビーチに行くときは、…もう少し頑張ってみようかな。
それから、絶対タオル持参で💨

 

f:id:kaffitimi:20161026115808j:plain

釣りを楽しみ中。ズボン履いてても、濡れることなんてお構いなし。お魚なんてホントは「素手で捕まえたい派」な人です。

久しぶりに、おさかな釣り。

プレママ・デイズ。

土曜日です😊
ここのところ、週末はどこにも出掛けず、の〜んびり、ひたすらの〜んびり、好きな時間に起きて好きな事をして、週末を過ごしてましたが。
今日、朝起きて、2人でそれぞれパソコンを開いてたら、
「釣りでも行く?😃
とスティーヴン。
私は釣りなんてしないんだけど、スティーヴンが釣りをしている時間は、私にとってはもはや「外で読書ができる時間」となっているので、急遽釣りに行くことに決定〜😊

 

家はビーチまでは、車で10分とか15分とか、けっこう近い距離。
ビーチの周辺には、たくさんお店があったりして、いつもワクワクしちゃいます😊

 

いつもの釣りスポットは、ビーチから長〜くのびた桟橋の先なんだけど、先日の台風のせいで、桟橋は使用不可😶
…どうりで、週末なのに駐車場に停めてある車の数が少ないわけだ…💧
ビーチ周辺に車を停めるのには、お金を支払わなくちゃいけないので、お金が無駄になっちゃうねぇ、なんて話をしていたんだけど。
せっかくお金を支払ったし、別の釣りスポットに行くことにしました。

 

向かった先は、キレイな砂浜😃
もう8ヶ月に突入してお腹が大きくなってる私にとっては、ちょっと…いや、だいぶ過酷な運動となりました💦、砂浜を歩くっていうだけなんだけど💦
人が結構多くて、釣りに来ている人もたくさん。

 

2時間とか3時間いて、😶お魚は釣れなかったんだけど、いいお天気と、気持ちのいい風と、読書をたっぷり楽しめました🌸
釣りに来ていた人たちの中には、団体さんもいて、どうやら釣り愛好家のグループだそう。
その中のリーダー格のような人と、スティーヴンは楽しそうにおしゃべり。
フレンドリーな人って、自然と人が集まってくるんだよね😶
私はフレンドリーじゃないので…超フレンドリーなスティーヴンが不思議でしょうがないです、未だに。
そして本人は、自分をそこまでフレンドリーとは思ってないらしい。
かなりフレンドリーですよ、あなたは💦

 

妊娠して、お腹が大きくなってきて、最近の悩みの一つが…。
…お手洗いが近いことです…💧
もうほんと、一日に何度もお手洗い行きます😥
ビーチには、近くにお手洗いがないので、そこだけ大変。
ビーチをあとにして、車に乗り込むやいなや、私の頭の中は「お手洗い」でいっぱいでした😅
家まで我慢、と思ってたところ、スティーヴンが寄り道。
そこは、スティーヴンも私もお気に入りの小さなカフェ!💖

 

久しぶりのカフェだ〜!💖💖

 

道路から少し奥まったところにあって、木々に囲まれた小さなカフェ🍀
夏はスムージーとか、さっぱり系の飲み物を売っていたこのカフェ😊
今日行ってみたら、さすが秋だね、アップルサイダーとか、パンプキン・スパイス入りの紅茶やコーヒーがメインに売られてました
スティーヴンはアップルサイダーを、そして私はパンプキン・スパイス入りのカフェラテを注文😊
ここでお手洗いを使わせてもらって、気分もスッキリ、おいしいコーヒーも楽しめました😊

 

お家に帰ってからは、2人でまた思い思いに時間を過ごして、明日は何をしようかなぁと相談。
のんびり屋な私達なので、明日ものんびり過ごすことでしょう🍀🍀

 

f:id:kaffitimi:20161026092020j:plain

 

今日行ったビーチ。少し風が冷たかった。でもいい気分で読書も楽しめた。

「物」よりも大切なもの。

プレママ・デイズ。

今日の午前中は、お母さんとのビデオチャット😍

昨日の病院での検診のこともそうなんだけど、お母さんと話さなければいけないことが。
日本からアメリカへの送金の件です。

 

ビザの申請やり直しということで、大きな額のお金が再び必要になったスティーヴンと私😑😑
日本にある私の口座に入っている貯金、アメリカからでは引き出せず、ちょうど今月、銀行のカードの期限が切れるので、実家に届いている新しい銀行のカードを使って、お母さんに口座から現金を引き出してもらい、更にそれをスティーヴンの口座に送金してもらいました。
色々な銀行が国際送金をしていますが、今回お母さんに勧めたのは「ゆうちょ銀行」。
以前、一度アメリカへ送金したとき、私はゆうちょではなく、自分の口座を開設してる銀行から送金しました。
ただ、色々と調べた結果、ゆうちょのほうが簡単だというのが分かりました。

 

お仕事で忙しい中、お母さんにゆうちょへ行ってもらい、無事に送金の手続きをしてもらいました😞
スティーヴンの口座へお金が入るのは、1週間から10日ほどかかるそう。
私の口座からお金を引き出してもらって、ゆうちょまで行って慣れない送金の手続きをしてもらって、お母さんには本当に感謝🍀
そして、その送金などの件をこの前相談したときに、一緒に聞いてくれてたお父さんにも感謝🍀
「あぁ、私はいつまでたっても親を頼りにして…親不孝者だな」
って、申し訳ない気持ちもいっぱい😞

 

お母さんに感謝を伝えたあとに、お母さんからビックリするような話が…。
それは、お母さんが言うには、
「お父さんと話し合ってきめたことで、親として、娘のあなたにしてあげられること。」

 

そのお話は、私にとって予想外のことで、そして嬉しいことでもあるけれど…。
そこに甘えていいのか、親からの愛情に、いい大人の自分が素直に甘えてしまっていいのかな、という気持ちが大きくありました。
今回お母さんから聞いた、お父さんと2人で話し合って決めたこと、というのは、お嫁に行く私の為にしてあげられること、というものだったのですが…。
私にとっては、例えばお父さんと2人でお出かけに行ったりだとか、お母さんと2人で料理を楽しんだり買い物をしたりだとか、…そういう事ができた幸せっていうのは、何よりも何よりも私には大切なことで、そしてそれが今でも、毎日の生活の中で私を幸せにしてくれています。
それをそのまま、お母さんに今日は伝えました。

 

このお母さんからのビックリなお話は、今のところスティーヴンには内緒🍀
スティーヴン、聞いたらビックリするだろうな…。

 

米軍の色々な訓練を受ける中で培われた、スティーヴンの動物的なカン
秘密にしていることがあれば、比較的すぐに見抜いてしまうスティーヴンなので、お母さんとの内緒のお話がバレないだろうかとドキドキでした😅
無事バレずに、今日は久しぶりに夜ごはんを日本料理店で食べました😊🍴

 

スティーヴンとも色々なお話をして🍀
今日は、たっぷり色々な事を考えて話をした、穏やかで、気持ちがとても満たされた日でした。
明日は週末〜😃
スティーヴンは明日、何をしたいんだろう?😙

 

f:id:kaffitimi:20161025120914j:plain

キャンディード・ヤム完成。ちょっとシロップ多めでスティーヴンはがっかり。でも私にとっての初めてのキャンディード・ヤムは、とってもおいしかった!