読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaffitími ☕☕

国際結婚4年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

お仕事の日。

9月の中旬には、渡米する予定でした。
色んなことがあって、スティーヴンとたくさんの口論&話し合いをした結果、渡米は来月の上旬になりました。
今回はね、絶対行かなくちゃ。
何が何でも。
だって、こっちでクリスマスとか、正気で過ごせる自信無い😢
やっぱり、いくらSNSとか使って、毎日連絡を取り合うことができても、夫婦としてちゃんと一緒に暮らしたいよ。

 

9月と10月は、ひどく落ち込んで、鬱みたいにになってたんだけど、最近ようやく、前向きな気持になれてきてる😊
スティーヴンとも、前みたいに、もしかしたら前以上に、明るく楽しく過ごせてる🌼
色々なきっかけがあったんだけど、そのきっかけの一つは、私の生徒さん達。

 

19歳の頃から、この前の8月末まで、英会話の講師をしてました。
講師といっても、家庭教師のような感じで、マンツーマンのレッスン。
幼稚園にまだ入ってないような、小さな子から、小学校6年生の子たちまでには、英会話のレッスンをして、基本的にレッスン時間は、すべて英語での会話。
中学生以上の生徒さんたちには、英会話のレッスンにするか、日本語での文法などの説明をするレッスンをするかを選んでもらってました。
始めた頃は、会社がちゃんとあって、そこから派遣されてたんだけど、ある日突然、本当に突然に、会社が破産。
生徒さんたちにも、講師として働いていた私のような人たちにも、手紙一通のみが届いて、破産の知らせがあっただけでした。
幸運なことに、当時担当してた生徒さんたちのほとんどが、辞めることなくレッスンを続けてくれて、その後は、生徒さんの紹介で、新しい生徒さんを受け持つことになったりと、本当に恵まれてました。
一時期は、一週間に20人ほど受け持っていた時もあって、毎日あっという間だったけど、楽しかった思いでしかないなぁ😊

 

最後の最後まで残ってくれた生徒さんの中には、私が一番最初に受け持った生徒さんたちもいました。
姉妹なんだけど、二人は当時、4歳と2歳でした!
今では2人は、それぞれ高校生と中学生。
生徒というよりかは、年の離れた妹のような存在、または姪っ子のような存在です。
他の生徒さんたちも、私にとっては、妹だったり弟だったり、姪っ子だったり甥っ子だったり、そういう存在😊

 

その2人のお母様から、10月の末に連絡があって、まだ日本いるのなら、渡米までの間、レッスンをしてほしいとお話をいただきました。
とても有り難いお話だったので、早速今月から再びレッスンを開始させてもらいました。
今までどおり、毎週月曜日のレッスン。
今日も、2人に会ってきました😊

 

2人とも、とても熱心に勉強してくれていて、私も色々とがんばらなくちゃなぁって思うことも多いです。
お姉ちゃんの方は、今月の末から修学旅行で、シンガポールへ行くんだって😄
楽しみだね😊
高校生なので、課題がどっさり出てるのが心配だけどねー。
私が高校生の時、こんなにも課題がどっさり出てたり、忙しかったりしたのかな?
そんな覚えないんだけどなぁ。
時代が変わったんだねぇ…。
果てしなく課題が出てるので、かわいそうになっちゃうくらいだよ。

 

f:id:kaffitimi:20151116162855j:plain

今日のおやつ。卵白でつくったパンケーキと、卵黄とハチミツとミルクで作ったソース。適当だったのに、今までで一番きれいにパンケーキが焼けた。