読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaffitími ☕☕

国際結婚3年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

どの曲にするのか決められない。

ふつうの日。

小さい頃から、我が家ではいつも音楽が流れていました。

 

お父さんは、昔ドラムを演奏していたらしく、洋楽とグループサウンズ矢沢永吉が大好きです。
音楽番組もよく観たりしていて、ドライブする時用のCDを自分で編集してたり。
お母さんは、アコースティックギターを弾いてたこともあるみたいで、でも小さい頃、本当はピアノを習いたかったみたい。
それが叶わなかったので、😶代わりに私が幼稚園の頃からピアノを習うことに。
お母さんの音楽の好みは本当に幅広く、洋楽がほとんど。でもジャンルも色々で、クラシック音楽にハマっていたときは、色々な交響曲を毎日のように聴いていて、私が学校から帰ってくると、ジプシー・キングスだったり、クリスチーナ・イ・ウーゴだったり、もしかしたら私が最初にふれた外国語は、スペイン語だったのかもしれないと思うほど、スペイン語の音楽をよく聴いてた印象があります。
日本のミュージシャンだったら、井上陽水をよく聴いてる。
お兄ちゃんも音楽が大好き。
私はお兄ちゃんとは、普段あまり話をしないんだけど、お兄ちゃんが聴く音楽が結構好きで、そのおげでHip-Hopも前より聴くようになったり。
スティーヴンも音楽が好きで、歌うのも大好き。
カラオケ行ったらマイク離さないタイプ🍀
80年代の音楽が好き、って言ってるけど、色々な音楽を聴いていて、クラシック音楽もよく聴いてる。

 

そんな人たちに囲まれてる私も、色々な音楽を聴くようになって、自分では中学生くらいまでは、ほぼクラシック音楽にしか興味が無かったんだけど、ある時どういうわけか、ツタヤでエアロスミスのアルバムを借りてから、洋楽にハマりました🍀
高校卒業してから、ギターを購入して、ライブハウスとかで歌い始めるようになって、そしていろいろな言語を勉強するようになるにつれて、色々な国の音楽を聴くようにもなったんだけど…。
やっぱり一番、クラシック音楽が落ち着く🍀

 

ピアノの音も好きなんだけど、ピアノと同じくらい好きなのは、リュートの音。
オーケストラは、ちょっと苦手😶
ピアノはピアノ、ヴァイオリンはヴァイオリン、とか、一つの楽器のソロの曲を聴くほうが好き😶
リュートは、ヨーロッパの歴史に興味を持って、中世のヨーロッパが舞台の映画を観たりしていたうちに、リュートの音楽にふれていって、一時期よく聴いてたなぁ。
朝、天気がいい日に、リュートの音楽を部屋で流しながら、読書をしたり、コーヒーを飲んだりする時間が、今でもとても好きで、アメリカに居た時も、それをやってみた😶

 

普段、スティーヴンはまだ夜が明ける前に仕事にでかけちゃうので、スティーヴンを見送った後は、ソファで横になって、映画を観たり、ゴードン・ラムゼイの番組を観たり、😶そしてそのまま一眠り。
外が明るくなってきたくらいに起きて、部屋の片付けをして、全部終わってやることが無くなったら、コーヒーを入れて、窓辺で読書したり、なんか書き物をしてたりしてました。
その時に、リュートの音楽をiPadで流してたんだけど、ある日、お昼休憩でスティーヴンがお家に帰って来た時があって、「なにそれ、なんか優雅なその感じ😃」と言いつつ、一緒にリュートの音楽を聴いててくれました。
ジャズやボサノヴァもいいなぁ、そういえば😊
週末のブランチで、スティーヴンがご飯を作ってくれた時、スティーヴンが選んで流してくれた曲はボサノヴァだった😊

 

演歌や歌謡曲は…ちょっと苦手だったりするし、あと、最近の日本の曲って、アイドルの曲とか、ちょっと分からないんだけど、日本語の曲も好き。
歌詞を読んで、言葉の美しさや、言葉の選び方にドキっとしたりする瞬間も好き。

 

そうだ、ただ最近は、2年後のピアノの発表会のことで、ちょっと頭がいっぱい。
この前のピアノの発表会の時、先生から、次回の発表会は出演する、という形でお話を頂いたんだけど、…アメリカのお家に、ピアノは無いし、…第一、2年後の発表会の時に、帰国できるかどうかも分からないし。
それをスティーヴンに、ダメ元で相談してみたら、「じゃぁ、今使ってないもう一つのベッドルームを、ミュージックルームにしようよ😃 それから、2年後だったら、もし子供が生まれてたら、お父さんとお母さんに孫を見てもらういいチャンスだし、荷物だって取りにいくこともできるし、いいじゃん!」って、予想外の答えが出た⚡
まぁ、まだ本当に発表会に出れるかなんて、わからないんだけど、最近はピアノの曲をどれにしようか悩む悩む…。
前回はドビュッシーだったので、次回は別の作曲家にするつもり。
ドビュッシーと同じような感じのラヴェルも、ちょっとなぁ…。
メグちゃんはショパン派だと思うので、ショパンはやめておこう。
先生は、今回プーランクだったけど、ラフマニノフをよく弾いてたから、プーランクラフマニノフもやめておこう。
…うーん、今のところ、目星をつけてる曲は、シューマンの「飛翔」と、リストの「愛の夢 第3番」と、メンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」なんだけど、どれにしようか…何にしようか…、それに、他の曲を聴けば聴くほど、もっと他に選択肢があるのかもしれないと思って、もっと聴くようになって、止まらない状態😶
悩むなぁ。

 

f:id:kaffitimi:20151203032810j:plain

今日スティーヴンと話してた時に、シェアしてくれた写真。街の灯台へ最近行った時の、灯台の中の階段。博物館も併設されたところで、南部の歴史を知ることができる観光名所にもなってるらしい。