Kaffitími ☕☕

国際結婚4年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

哀愁漂うジャックちゃん。

スティーヴンが今のアパートに住み始めて、間もなくのこと。
もともとノラ猫が多いアパートの敷地内。
スティーヴンのいるアパートのすぐ近くで、ある日、ノラ猫達が大喧嘩をしていたそうです。
すぐに外へ飛び出して猫達のケンカをやめさせたスティーヴン。
ご飯を争って、大人の猫達が2匹の子猫をイジメてました。
猫達は、みーんなびっくりして逃げていったけど、子猫たちはスティーヴンの所に、戻ってきたそうです。
黒猫と、白地に茶色っぽい模様がついた猫。
どうやら兄妹猫のようで、黒猫にソフィア、白猫にジャックと名前をつけました。
一年前に、こちらに遊びに来たとき、私は初めて2匹に会ったのですが、もう本当にスティーヴンを「父親」の如く慕っていて、そしてまだ2匹は小さく。
スティーヴンが言うには、
「最初に会った時は、本当にヨチヨチ歩きの子猫だったんだよ〜😶

 

前回出会ってから、一年が経過して。
それから色々なことがあったそうです😶
ジャックちゃん、何だかどんどん自己中になっていったらしく、スティーヴンに叱られる毎日💧
そんなジャックちゃんとは対象的に、ソフィーちゃんはどんどん甘えん坊に😳
更にはソフィーちゃん、いつの間にか妊娠し、嵐の夜に出産💦
子猫を何匹か産んだのですが、残念ながら一匹しか無事に成長できませんでした。
一人娘のDJちゃんを引き連れて、スティーヴンの住んでいるベランダで生活を開始。
たまにジャックちゃんが顔を出す感じになったそうですが、放浪癖のあるジャックちゃん、誰かと喧嘩して「猫ヘルペス」なんてものをもらってしまったらしいです💦
そのおかげで、ソフィーちゃんにもDJちゃんにも嫌われ💧
いっつも目がショボショボ💧
スティーヴンに甘えたくても、どうやら「パパ=厳しい人」って思ってるらしく、かなり遠慮がち😞
私がこっちに住み始めてちょっとしか経ってないんだけど、すでにスティーヴンより私に懐き始めたジャックちゃん。
ベランダに姿が無くて、「ジャック〜〜😶」と呼ぶと、どこかから小走りでやってきます。
カワイイ奴め…💕

 

f:id:kaffitimi:20160930070257j:plain

ご飯を食べて、お昼寝中のジャック。漂う哀愁。今日もこの後、どこかへ出かけて行った。