読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaffitími ☕☕

国際結婚4年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

初めての移民局。

移民局から指定があったオフィスは、お隣の州、サウス・カロライナにあるようで。
午前10時が指定の時間になっていて、こちらの都合でその時間に遅れた場合は、手続きをすべて最初からやり直すことになるようです💧


「…何があっても、遅れたらだめだね、時間厳守だね。」とスティーヴンと話し合い、かなーり余裕をもって、朝方お家を出発。
渋滞もそんなになくて、スムーズに目的地の周辺に到着…してみたのはいいものの、それらしい建物がない…。
「おかしいねぇ…おかしいねぇ…💧」って、ちょっと困惑しながら、移民局のオフィスを探していると…。


…ありました。
思ってたのとだいぶちがう、とってもこじんまりとしたオフィスでした💧
私の中では、もっとこう…なんていうか、東京のアメリカ大使館みたいな感じのイメージだったから…💧
なんかふつーに、今回のオフィスって…横並びのお店に100均のお店があったりだとか、スポーツ用品店みたいなのがあったりとか…💧
…かなり拍子抜け💧


とりあえず、無事にオフィスが見つかったことだし、近くのファーストフード店で朝ごはん。
時間が結構余ってたので、昨日の結婚記念日のために作った折り紙作品で覚えた、折り紙のバラを、ワックスペーパーで作ってみたり🌹
隣りに座って、私がバラを作る過程を見てたスティーヴンは、
「…手順が多すぎて混乱する…😶」
だそうです。
初めてバラに挑戦してみたけど、けっこうキレイな仕上がりになるので、ちょっと難しいけどお気に入り。
出来上がったバラは、店員さんにあげました。


さて、約束の時間。
オフィスに入ると、中はガラーンとしていて、職員さんが4、5人程度。
しかもセキュリティーも緩め…💧
私は、移民局からの手紙に記載されてた通り、自分のパスポートと、日本の運転免許証を持参していったんだけど、受付らしい職員さんがチェックしたのは、私のパスポートのみ。
パスポートチェックして、書類を一枚渡されて、必要事項に記入。
記入する作業はスティーヴンがしてくれたんだけど、名前とか電話番号とか、そういう類のものを記入するだけ。
記入が終わって、もう一度受付の職員さんのところへ行って、その書類を提出して、職員さんがチェックして、スタンプを何回か押したあと、オフィスの真ん中のとこにあった、一応待合室…待合所かな?
そんなようなところで待つように指示されて、待つこと数分。
別の職員さんに呼ばれて、私は顔写真と指紋の採取をされて、スティーヴンがまた別の書類を受け取って、それに記入。
この書類も、最初の書類と同じような感じのもので、特に難しいことはない感じ。


で、終了😶
所要時間10分くらいでした😶
緊張して損した💧


今後は、私のバックグラウンドを調べて、その結果の手紙が移民局から届くのを待つことになりそうです。
どのくらいの時間がかかるかは分からないけど、待つしかないよね、うん。


お金も時間も、びっくりするくらいかかったりするのが、国際結婚でのめんどくさいところなんだろうね。
思ってた以上にお金がかかってる…。
時間は、まぁかかるだろうなと思ってたから、そこまで驚かなかったけど…。
まだまだ先は長いんだけど、でもまた一歩、小さな一歩だけど、すべての手続きが完了する日に近づいたので、少し達成感。
今後もスムーズに進むといいなぁ、手続き。

 

f:id:kaffitimi:20160501071303j:plain

こちらが移民局。正面からは撮らないほうがいい、というスティーヴンのアドバイスを受けて、車内からこっそり撮った。