Kaffitími ☕☕

国際結婚4年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

猫たち、初のお米。

ジャックとソフィーという、兄妹ノラ猫をスティーヴンが可愛がり始め、その後ソフィーちゃんが妊娠。

一人娘のDJが産まれ?
放浪癖のあるジャックは、最近姿を見せません。
ソフィーちゃんは、アパートのエリア内の別のところで、2度目の出産をして新生活を開始。
同じ頃にDJは、スティーヴンと私が住んでいるすぐ近くで初の出産。
3匹の子猫達を産んだのですが、…いつの間にかDJと子猫たちは、私達のアパートのベランダを住処に決めました????
さらには、突然2匹の見知らぬ子猫たちも登場??
なんとなーく、仕草だったり毛の感じだったりを見て、突然現れた2匹の子猫たちは、ジャックちゃんの子どもたちの可能性が高いようです。
育ち盛りの5匹の子猫たち。
まぁ食べる食べる、よく食べる?
キャットフード、すぐに終わっちゃいます?
そして食事時はいつも戦争です?
「お世話をするからには、こちらのルールに従ってもらわないと。」
とスティーヴン。
戯れる程度なら良いけど、あんまりにも度が過ぎた喧嘩をさせない。
食べ物は、できれば平等に。
この最低限のルールを守ってもらおうとしてますが…ルール2は、全然ダメですね?…だって、ノラ猫ですもの…食事は戦争の時間です。
5匹の子猫たちの中でも、DJの長男猫、ブレイヴィーは、かなり我儘放題になってきてます。
他の子達の食べ物を奪うのは、いつもブレイヴィー?
殴って噛み付いて、食べ物を奪おうとしております…?
弱肉強食の世界だよね、ホント。
ブレイヴィーと一緒に生まれたはずの、DJの末っ子、リロは、ブレイヴィーよりも一回り体が小さいです。
…いつもブレイヴィーに食べ物を取られてしまっているからです?…。

 

今日のお昼時、ベランダで大きな声で鳴いてるブレイヴィー。
お腹が空いてるアピールですね?
…ところが、キャットフードが無い?
昨日、スティーヴンが使い切ってしまったようです。
…困った。

 

ちょうど、イタリア人のメール友達がメールを送ってきたので、「そういえば、猫飼ってる、って言ってたなぁ。」と思い出し、即返信。
猫って、キャットフード以外に何食べる?
そんな質問に、メル友、ジョコンダがすぐに返信してくれました。

 

「うちではキャットフードあげたことないよ?、パスタとか肉とか魚とかだよ?

 

パスタか肉とか魚???
イタリアの猫は、イタリア料理をやっぱり食べるんですね?

 

キャットフードを切らしちゃって、という話をしたら、そんな私にジョコンダがナイスなアドバイスをくれました。

 

「猫もお米食べるよ!」

?!

 

半信半疑あったものの、お米なら、お米大好きなスティーヴンがお米を常にストックしてくれてるので、いっぱいあります。
早速お米を鍋で炊く。
待つこと20分
アツアツなので、10分ほど冷ましてから、猫たちが待つベランダへ。
待ちきれなかった子たちは、どこかへお出かけしちゃってましたが、ブレイヴィーと妹(または姉)のシャドウがベランダで待っててくれました。
猫たち、初めてのお米です。

 

…そして、全く躊躇せずに食べてくれました?

 

よっぽどお腹がすいていて、口に入るものなら何でもいいのかな。
日に日に体がしっかりしてきて、行動範囲もさらに広くなる子猫たち。
キャットフードの減り具合がハンパないので、今後はお米とかパスタも、猫たちのご飯として活躍しそうです?

 

f:id:kaffitimi:20160925100556j:plain

左がブレイヴィー。右がシャドウ。がっついてます。