Kaffitími ☕☕

国際結婚4年目。スティーヴンと私、第一子が誕生しました!

母の心遣い。

「レックスの為のお守りを買ったよ😊今度、そっちに送るね。他に何か送ってほしいものがあったら言ってね!」
と、この前お母さんに言われ、私がおねだりしたものは…、


「ボールペン」でした💨


SARASAの黒と赤。
コンビニで売っているやつです。


仕事を始めた頃、生徒たちがまだ小さかったので、使う文房具といえば「クレヨン」(笑)が主だったんだけど、彼らが大きくなるにつれて、色々と紙に書いて説明したりすることも多くなり。
色々なボールペンを使っていて、SARASAの書味の良さに心を奪われました😍
いつだったか、コンビニでSARASAを買おうとした時、一緒にいた母に、
「私、このボールペン好きなんだよねー。」
と言ったら、
「あ、わかる〜😃お母さんも使ってるよコレ。書味が良くてさ〜😊
と言ってました。


私が小さかった頃、よく万年筆で書物をしていたお母さん。
「文字を書く」という作業には、きっとこだわりがあるんじゃないかと思うんだけど、そんな母が「(・∀・)イイ!!」と言うなら、「(・∀・)イイ!!」に決まってます(笑)。


アメリカに住むようになってから、旅行や短期のホームステイでは分からなかったことを色々経験しています。
その中の小さな小さな一つが、文房具に関して。
アメリカの文房具は…、はっきり言って…。


まったく、魅力的じゃない💧


私が行くお店が悪いのか…、でも何軒も見て回っても、「コレ(・∀・)イイ!!」ってなる文房具に会ってません。
ボールペン一つとっても、書味の良い物なんて無いし。


そして私を一番落胆させているのは、…紙です💢


紙の質が悪いものばかり…💢
お気に入りの紙に出会えた試しが無い…😭
だけど、本屋さんに置いてあるジャーナル類は大好きです。
ただ、結構な値段で売られてるので…、なかなか頻繁に買うアイテムでもないけど、「もうちょっと安ければいいのに」と思っています、いつも。
日本の文房具の繊細さに、ほんと感心。
そしてその繊細さが恋しくてなりません…😞


SARASAのボールペンの黒と赤、それぞれ一本ずつをおねだりしたはずですが、お母さんから送られてきたのは、…何だかたくさん!👀
しかもペンケースに入ってる〜

それも、お母さん好みのペンケースで(笑)。


最近、語学の勉強のまとめをするのに、新しく色々と書くプランを立てたんだけど、お母さんが送ってくれたペンのおかげで、モチベーションがかなり上がりました😊
そして暫くは、書物をする時に落胆しないですみそう(笑)。
どのペンも、大切に、そして無駄書きしないように気をつけよう。


お母さん、ありがとね〜〜〜💖💖💖

f:id:kaffitimi:20170414060008j:plain


お母さんが送ってくれたペンたち。香り付きとか…お母さんらしい。女子ですなぁ。