Kaffitími ☕☕

世界のパンとお菓子のレシピ。

Wheaten Bread ホウィートゥン・ブレッド (全粒粉入りソーダブレッド)

全粒粉入りのソーダブレッドは、ホウィートゥン・ブレッドと呼ばれます。スープと一緒に、またはバターやチーズ、ジャムなどを塗って食べても美味しいです。

 

240g   強力粉

660g   全粒粉

小さじ1 1/4   塩

小さじ1 1/4   重曹

小さじ2   砂糖

60g   マーガリ

480g   バターミルク
60g   サラダ油

《仕上げ用》
大さじ1   バターミルク
小さじ1   砂糖

 

作りやすい分量

 

1️⃣ オーブンを200℃に予熱。型は特にいらないが、使う場合は型に油(分量外)を塗っておく。

2️⃣ 強力粉、全粒粉、塩、重曹と砂糖を一緒にふるい、ボウルに入れる。マーガリンを細かく切って入れ、粉類がパン粉のような状態になるくらいまで、マーガリンを指で潰しながら粉類に混ぜ込む。バターミルクとサラダ油を混ぜ、マーガリンを混ぜ込んだ粉類に入れる。粉類がしっとりするまで、スパチュラかフォークで混ぜる。粉(分量外)を軽くまぶした台に生地を移し、生地を軽くこねる。丸く形を整えて、クッキングシートをのせた天板に置く。事前に用意した型を使う場合は、生地は特に丸めず、型に入れて均一に平す。指、またはナイフかスケッパーを使って、生地に十字の切り込みを深く入れる。仕上げ用のバターミルクを刷毛で塗り、仕上げ用の砂糖をふりかける。

3️⃣ 200℃に予熱しておいたオーブンで、30分ほど焼く。その後、オーブンの温度を190℃に下げ、もう30分ほど焼く。

4️⃣ 焼きあがったら、スライスする前に、ワイヤーラックに乗せて冷ます。

 

✳︎ 仕上げ用のバターミルクは、普通の牛乳でも平気です。

✳︎ バターミルクが手に入らない場合は、牛乳にレモン汁を少量加え混ぜ、ちょっとトロッとした状態になったものを使用します。バターミルク重曹が相互に作用して生地が膨らむので、にレモン汁を混ぜたものを使います。

Jólakaka ヨゥラカーカ (クリスマスケーキ)

素朴なケーキ。クリスマスだけじゃなく、毎日の焼き菓子としても楽しめます。

 

240g 砂糖
180g バター
2個 卵
180cc 牛乳
小さじ1/2 レモンエッセンス
小さじ1/2 カルダモンエッセンス
600g 薄力粉
小さじ2 ベーキングパウダー
120g レーズン

 

28cmのパウンド型 1台分

 

1️⃣ オーブンを175℃に予熱。型にバターを塗る。バターは室温に戻しておく。薄力粉は振るっておく。
2️⃣ ボウルに砂糖とバターを入れ、ふんわりと軽くクリーム状になるまで混ぜる。卵は1つずつ加え、その都度よく混ぜ合わせる。牛乳、レモンエッセンス、カルダモンエッセンスを加え混ぜ、振るっておいた薄力粉と、ベーキングパウダーを加え、練らないように混ぜ合わせる。
3️⃣ 少量の薄力粉(分量外)をレーズンに振りかけてから、2️⃣で作った生地に混ぜ込む。あらかじめバターを塗って用意しておいた型に生地を入れる。
4️⃣ 170℃に予熱しておいたオーブンで、55分から60分焼く。

このブログを閲覧してくださる方へ

このブログを見つけてくれて、どうもありがとうございます。

最初は、日々の出来事を書き留める日記として、その後は海外生活&育児の日記や悩みを吐露する場として、このブログを使っていましたが、内容をすべて削除しました。

新しく、レシピを書き留めるためのブログとして、使用することに決めました😊

 

私は言語を学ぶことにとても興味があり、言語交換をするために友人が海外にいます。彼女たちから教えてもらったレシピなどを参考に、週に一度のペースでのんびりとレシピを発信していきます。

基本的にベーキングに興味があるので、クッキーやケーキなどのレシピが多くなるかと思いますが、その他、オーブンを使わないデザートのレシピなんかも載せていきたいと思います。

 

今後も宜しくお願いします😊